バイキンマンは真の男…

バイキンマンはいつも悪いことをしているように見えるけど…
実はすごく優しくて、心配性なんだよね…
男としてはアンパンマンよりも上かな(´ー`)

「バイキンマンとなみだちゃん」を見るとその優しさはわかります。

ストーリー開始早々にバイキンマンはアンパンマンに非常の鉄槌「アンパンチ」を喰らって、はるか遠くに飛ばされます。
そして、ふつうなら確実に死ぬ勢いで地面に激突します(笑)
そして、「ふぁぁ~おぼえてろぉ」ってバイキンマンが叫んでいると…

「うぁ~ん、うわぁ~ん」と女の子が泣いている声が聞こえます…

バイキンマンがそれに気付いて近づいてみると、そこにはすぐに泣いてしまうなみだちゃんが居ました。


バイキンマン「おまえはぁ~、なみだちゃん?」(´‥`)
なみだちゃん「ばいきんまん?」
シクシクシク、うわぁぁん…(T-T)

バイキンマン「だぁぁぁ~、うるさいうるさいうるさい!!、泣くなぁ!」(`・ω・´)
なみだちゃん「うわぁぁぁ~ん、怒らないでください…、あたし…ぃぃぃ」
うわぁ~ん、うわぁ~ん…
バイキンマン「わぁぁ、わかったわかったわかったから、泣きやめってのぉぉ~」(´Д`υ)
耳をふさいでバイキンマンがなみだちゃんの周りをまわって叫びます。
実はバイキンマンは女の子が目の前で泣かれるのが嫌いなんです(´ー`)

なみだちゃん「はい、怖くてこの橋、渡れないんです…」(´Д⊂

よく見ると、目の前には超絶壁の崖に一本の丸太が掛かっていました。
ここを通ることが出来ずに泣いていたみたいです。

バイキンマン「こんなとこ…、ぜんぜ…んこわくないのだぁ~……あはははは(汗)(汗)」(;・∀・)
するとなみだちゃんは笑顔で、「ホントに?、じゃぁ~わたしもつれてってください」(´ー`)
バイキンマン「な~んで、俺様がそんなことを…、じぁ~な…」┐(´д`)┌

そう云って、バイキンマンは丸太を渡ります。ビクビクしながら(‥A
すると、後ろからなみだちゃんが追いかけてきました

なみだちゃん「バイキンマン!、待ってくださ~い」( ;´Д`)/

それに驚いたバイキンマンはバランスを崩し…
「うわーーっとっとっと、わっとっと!!」((((;゚Д゚)))
必死に丸太にしがみついて、戻ってきます…
そのバイキンマンに崖まで近寄って手をさし出すなみだちゃん…
なみだちゃん「バイキンマン!つかまって!」
バイキンマン「ふぅ~~、って、おまえ怖いんじゃなかったのか??」ヘ(‥ヘ)
それに気付いたなみだちゃん…
なみだちゃん「うわぁーーー、うぇーんうぇーんうぇーん!!」(TдT)
なみだちゃん「ほんとはとっても怖かったんです。…、でもバイキンマンが落ちちゃうと思ったから…ぐすん」(´Д⊂
バイキンマン「ん?、う~ん」

そこでバイキンマンは心をうたれたのか、なみだちゃんにおんぶの体勢をして…
バイキンマン「乗れ~!!」(゚~゚)
なみだちゃん「え!、おんぶしてくれるんですかぁ~?」(^o^)
そういって、バイキンマンの背中に飛び乗るなみだちゃん♪
バイキンマン「なぁ~はっはっは、さぁ~行くから、ちゃんと目をつむってろよ?」(´~`)a
なみだちゃん「はい♪」(*^_^*)

そしてバイキンマンはなみだちゃんをおんぶして丸太を渡り始めます。

すると、バランスを崩してしまうバイキンマン!!
「うわーったったった、おーーっと!」
そこで目を開けてしまうなみだちゃんが崖を見てしまって、暴れてしまいます!
バイキンマン「うわっ、あばれるなぁ~!!」

そして、丸太がはずれてしまい…バイキンマンとなみだちゃんは高さ100mはあろうかという崖に落ちてしまいます!!
なみだちゃん「うわーーーーーー!!!」
そこで、颯爽とバイキンマンがなみだちゃんを抱きかかえ、一生懸命飛ぼうとします…
「なんのこれしきぃぃ!!」(`・ω・´)
でも、さらに落ちてきた丸太がバイキンマンの脳天に激突!!! ドギャン!!
「はひぃ~」(>_<)

そこで落ちながら気を失うバイキンマン…
なみだちゃん「バイキンマン!、しっかりしてください!!」
バイキンマン「お!!?」
空中で目覚めたバイキンマンは、なみだちゃんを背負って、絶壁の崖を駆け上ります!!
「なんだがけこんなかげなんだがけこんながけ!!!」(#゚Д゚)

そして、対岸の頂上まで登り切りました!!

バイキンマン「ほぉぉ~」(^^;)
なみだちゃん「はぁぁ~こわかったぁ~……、でも、楽しかったです♪」
笑顔で空をみながらなみだちゃんはそういいます。

バイキンマン「ところでおまえ、どこまで行くんだ?」(´д`)
なみだちゃん「パン工場です♪、ジャムおじさんがおいしいパンを焼いて待っていてくれるんですってぇ~♪」
バイキンマン「なにぃぃ!!!( `_ゝ´)、なんで俺様が…」
バイキンマン「じゃな!!、後は独りで行けぇ!!」
そういってバイキンマンは立ち去ります。

あんなやつにかまっていられるかってんだ…
そうバイキンマンが思っていると……

シクシクシク、シクシクシク

バイキンマン「ん?」
振り返ると、またなみだちゃんが泣いていました。

そこで、目をぎゅっとつむって耳をふさぐバイキンマン…
「ええ~ぃ、聞こえない、聞こえな---い……」
「だぁぁ-----」
叫びながらバイキンマンは立ち去れます…

泣き続けるなみだちゃん…


独りになったバイキンマンは草原をてくてくと歩いていますが…
心配そうな顔をしています…

すると、空に雨雲があらわれ…
ビカーーゴロゴロ!!!
「ドヒャー」
ピカーー
「ヒヤァー」
ゴロゴロ!
「ウヒァー!」
バイキンマンは雷が苦手らしく…、草むらに隠れてしまいます。

バイキンマン「俺様、かみなり嫌いなのだぁぁー!」
ピカーゴロゴロ!!

そんなときでもバイキンマンは…
「あいつ今頃……」(´・ω・`)
「いや、俺様には関係ない、関係ない!」((>_< )三( >_<))

しくしくしくしく
すると、なみだちゃんの鳴き声が…

バイキンマン「ん?」
しくしく、泣きながらなみだちゃんが雨雲の下の草原を走っています。

すると……、ドテ!!

なみだちゃんが転んでしまいました…

うぇ~ん、うぇ~ん(T_T)
しくしく

バイキンマン「おい!!」
なみだちゃん「あぁ~♪」
なみだちゃんが見上げるとそこには背を向けてたつバイキンマンが…

なみだちゃん「バイキンマン♪★」(´д`)(T▽T)三 ギュウ
なみだちゃん「わたし~、カミナリ怖いんですぅ~、お願~い♪」(ToT)

バイキンマン「ふんだぁ~、俺様カミナリなんかぜんぜんこわくないものだぁ~」┐(´д`)┌
強がってなみだちゃんからはなれようとすると…

ビカー!!、チュドーーン!!

バイキンマン「うわーーー!!、うわうわうわ」
あわてふためくバイキンマン、でもカミナリでうぇーんと泣いているなみだちゃんを見て
バイキンマン「泣くな!!!」(`・ω・´)
なみだちゃん「ダメ…もわたし怖いです…」(/_;)
バイキンマン「…、んじゃぁ~、置いてくぞぉぉ~」 テクテク
なみだちゃん「ウワーーン!!、行かないでください!」

ビカー!!、チュドーーン!!

突然また落ちた雷が近くの木に落雷して、木が折れ…
バイキンマンに直撃!!
バイキンマン「ぐはぁ!」
なみだちゃん「あぁ!」(゜д゜)
バイキンマン「いててて……」ι(´Д`)
なみだちゃん「大丈夫ですかぁ~?」
バイキンマン「…ぜ、ぜんぜんへっちゃらなの……だぁ~……」バタリ…
なみだちゃん「バイキンマン!」バイキンマンを膝に抱えてあげるなみだちゃん…
バイキンマン「ぐぁあ~、カミナリなんか怖く無いだろぉ~?」(´o`)a
なみだちゃん「はぁ~い♪」(´∇`)

すると雲の合間から日差しが見え始めます。

なみだちゃん「見てぇ~」
しみじみと青空になっていくようすを見るバイキンマン…

なみだちゃん「やっぱり、青空が好きです★」(*^_^*)
バイキンマン「う゛ーーーん」( ´ゝ`)

なみだちゃん「きれいねぇ~………、ん?」

グオー、スピー

バイキンマンはなみだちゃんの膝の上で眠ってしまいました(´ー`)
なみだちゃん「うふふ♪」(´ー`)


そして…


バイキンマンとなみだちゃんはいっしょに歩いています。

すると、アンパンマンに殴られて見失っていたバイキンUFO発見!!

バイキンマン「あぁ!!、俺様のUFO!!」!!━━━━(゚∀゚)━━━━!!
なみだちゃん「良かったですねぇ♪」(´ー`)
バイキンマン「ちょっと待ってろぉ、すぐ直すから!」キンコンキンコン!と直し始めるバイキンマン
なみだちゃん「わたし、何か手伝います!」(´ー`)
バイキンマン「良いからそこでまってるのだ!!」

そして、修理完了!

バイキンマン「ふぅぅ~」(´ー`A
なみだちゃん「おつかれさまです♪、わたしお掃除くらいしかできないからぁ~」
そういって、なみだちゃんがUFOをそうじしはじめ…
バイキンマン「ん?!、こら、触るな!」
すると、なみだちゃんがあやまってレバーを押してしまいます。カチっ

バイキンマン「あぁぁ!!!!!」
すると、バイキンUFOが暴走して岩にぶつかって、またボコボコに…┐(´д`)┌

バイキンマン「あぁ、だから勝手に触るなと云ったのだ!」(`ω´*)
なみだちゃん「あたし…、なんにもお手伝い出来なかったから、なにかしなければと…」(;_;)
バイキンマン「それが、よけいなお世話なのだ!!」(`・ω・´)

なみだちゃん「しくしく、あたし……、あたし…  ごめんなさいですぅ!!!」
そういって、なみだちゃんは泣きながら駆けだして行きます!
バイキンマン「おっ、おいぃ!」……
バイキンマン「だぁぁ~っと!」と、なみだちゃんを追おうとするバイキンマン…
でも足下を見ると、なみだちゃんのハンカチが落ちています。

バイキンマン「なみだちゃんのハンカチ……」


独り駆け続けるなみだちゃん…
でも、石に躓いて転んでしまいます…
なみだちゃん「うぁ!、しくしくしく…」

そして、泣き続けていると…

そっと、出されるなみだちゃんのハンカチ……(´ー`)

バイキンマン「いつまで泣いてるのだ?」(‥)
なみだちゃん「ごめんなさぁい………」
なみだちゃん「ドジで泣き虫でみんなに迷惑ばかりかけて…、じぶんでもイヤになっちゃいます」
バイキンマン「ん~」(-д-)

なみだちゃん「でも、もぉ~大丈夫…(´ー`)、後は一人で行きます」
そして立ち去るなみだちゃん…

なみだちゃんが歩いていると…

ボコンゴスンと壊れたUFOで迎えに来るバイキンマン
バイキンマン「さぁ~、乗れぇぇ!」
なみだちゃん「………バイキンマ~ン♪」(T▽T)


不安定なUFOを一生懸命運転するバイキンマンの横で、「ふふ♪」っとニコニコとして笑顔を見せるなみだちゃん。


そして、パン工場の近くまでたどり着きます。

バイキンマン「じゃ~な、もぉ~泣くなよ!」
そういって、帰ろうとするバイキンマン…

なみだちゃん「あ、バイキンマン~」
なみだちゃん「何もないけど……、貰ってください」ハンカチをバイキンマンに渡すなみだちゃん…

バイキンマン「……………、フン!!」っと云って、なみだちゃんからハンカチを取る…

そして、無言で帰っていくバイキンマン……

それをずっと見送るなみだちゃん…


そして、パン工場でパンをニコニコしながら食べるなみだちゃん
メロンパンナ「なみだちゃん、なんだか楽しそう」(´ー`)
アンパンマン「ホント、笑顔がとっても似合っているよね」

なみだちゃん「ハイ♪」∠(´ー`)/



そして、なみだちゃんのハンカチをUFOのレバーにくくりつけて、しみじみとしながら帰宅するバイキンマン…

ここでこのお話は終わり∠(´ー`)/

お、男らしいぜバイキンマン!!!!(´ー`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GTO君
2007年12月29日 11:19
ふと、ポンロ君をつついてみると…

「アンパンマンが優しいんだよね?」

…………違うっつーの!!!(`・ω・´)
てる
2007年12月29日 20:03
こんばんは。

成程~。GTO君様はバイキンマンがお好きなのですね。まあ確かに結構バイキンマンってかっこいい時がありますよね。特に困難に立ち向かい努力する姿や、気持ちの葛藤などはアンパンマンよりも全然目にする機会が多いですしね。

私はジャムおじさんが好きですね。
人柄も腕も理想のパン職人です(^^)
特に腕は凄いですよ。食べ物に命を与えてしまう程ですから(笑) あとやっぱり食パンマン様ですかね。パン配達の仕事を手伝っている唯一(?)の労働者。いいですね(^v^)

ポンロ君曰く
「バイキンマンは悪いことをしているよう」
だそうです(笑)

それでは失礼致しますね。
GTO君
2007年12月29日 21:00
こんばんは(´ー`)

バイキンマンはやっぱりかっこいいですよ。
ホントは心優しいすばらしいヤツなんですよ(´ー`)
アンパンマンはいつも助けて貰っていますが、バイキンマンはいつも自分の力で解決しようとしますからねぇ~
ホントに見習わないといけないのはバイキンマンですよ(´ー`)

おや、てるさんはジャムおじさんですか(´ー`)
優しいだけでなく、しっかりと真意を教える方ですからねぇ~
でも、スゴイのはそれだけじゃないですよ?
宇宙船は簡単に作るは、なんでも直すは、作るはで…
後半になると、ちょっとまて!って云う物も作り始めますよ。
いい気になったアンパンマンは、「あ、大丈夫だよ、ジャムおじさんならすぐ直してくれるよ」と、無責任に云ってしまいます。
でも、それでもホントに直してしまうんだけどね…┐(´д`)┌

お!、オイラの時は
「バイキンマンは優しすぎるー!」って云ってました
やっとホントのことがポンロ君に解ったようです(´ー`)